会社のネーミングについて

会社のネーミングはなかなか、むつかしいものだと思います。覚えやすくて、インパクトがあって、イメージ通りの名前を考えることは、知恵とアイデアがいると思います。たくさんの候補の中から、絞り込んで復唱することで、だんだん馴染んでくると思います。アンケートをとったり、個人的に感想を聞いたり、または一般に公募をしてその中から、選んだりします。意外と、シンプルなものが心に響くことがあります。なぜなら、こみいった仕掛けのある名前より、すぐそこで、手の届きそうな名前の方がなじみやすいからです。漢字にするか、ひらかなか、カタカナかローマ字かによっても、印象は変わります。よく吟味して決めることが大切ですが、社運がかかっているので、やはり慎重になるでしょう。見やすい字で、覚えやすくて、呼びやすい名前がいいと思います。

会社のネーミングは事業内容が伝わりやすいものに

将来的には会社を起業したいと思っている人もいるのではないでしょうか。社長になろうと考えている人は少なからず存在していると思います。そのような中でいざ会社を設立するとなった場合にきちんと考えなければいけないことは何と言っても、ネーミングについてです。初めて出会う人にもわかりやすい。もしくは納得してもらうような名前にした方が印象としては良いのです。ですから基本的には一体どのようなことをやっているのかが読んで取れるようなネーミングをする会社がとても多いのです。逆に意味を持たせるためだけの会社もありますけどね。しかし基本的に突っ込みたくなるような名前は避けた方が良いといわれているようです。長持ちしませんしね。もしもみなさんが会社を設立するとなった場合にはそのようなところにも注目をしてネーミングを行うようにしましょう。

センスのあるネーミングの会社は、やはり業績好調。

どんなに魅力的な商品やサービスを提供している会社であっても、ネーミングのセンスが悪い場合には業績がイマイチ良くないといった事はままあります。たかが名前ぐらいでそんなに変わらないだろうと思われる方もいらっしゃるでしょうが、現在業界をリードしているような名立たる会社の企業名には、聞けば思わず感心させられるようなキチンとした由来というモノがある場合がほとんどなので、やはり業績好調な企業というのは名前からして違うものです。ちなみに僕が現在経営している洋菓子店は、親父から店を引き継ぐ際に名前をフランス語由来のモノに変更したのですが、それ以来大口の取引先を確保できたりネットショップの販売が好調になったおかげで、今では県内に支店を5店舗構えられるぐらいに企業規模を拡大させる事に成功しました。ですのでたかが名前と絶対に馬鹿にできないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>